アメリカン・コッカー・スパニエル トム&ボビィ そして コイケの “HAPPY LIFE”

CALENDAR

07 < 2017/08 > 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

ようこそ♪ : 

RECENT ENTRIES


COMMENTS

CATEGORIES

SEARCH

LINKS



ercaz
麻布大学 介在動物学研究室
SDS
ひとと動物のかかわり研究会 DOGGYBERRY
いぬわら
同盟バナー犬中動
woofwoof

新規モニター登録
骨董・茶道具の買取、販売の古美術やかた

FRIEND

**コイケと友達になる**

TRACKBACKS

MONTHLY

 

スポンサーサイト

-------- (--) --:--[ 編集 ]
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

みんなが笑顔で。

2008-09-18 (Thu) 23:57[ 編集 ]
080917-1.jpg

いつも会社の昼休み、U^エ^U仲間とU^エ^U話で盛り上がります。
そこで聞いた話し。

友人がいつも行く公園で出会った7歳のミニチュアダックス君。
初めて会ったけど、とても人懐こくて愛嬌を振りまいていたそう。
飼い主さんに 「何歳ですか?」 と聞いたら 
「7歳です。 うちに来てから1年ですけど。」と返事。
(・・?)???と思いながら、何気な~く話を聞いてみると・・・ 

実はそのダックス君は里子で来た子だそう。
なんでも、そのダックス君の元飼い主さん家族は、ご主人が犬好きで、奥さんは犬嫌い!
なのにご主人が独断でダックス君を家族に迎え、奥さんもシブシブお世話をしていたらしい。
ところが、元々夫婦仲の良くなかった二人。
ダックス君のことがきっかけ?になり、より喧嘩が増え、結果、離婚してしまったそう。

ここで問題勃発
そのご主人、自分でダックス君を迎えたのに、
何故か元々犬嫌いだった奥さんと子供の元に、
ダックス君を置いて出て行ってしまったそうです
残されたダックス君。
最初のうちは面倒を見て貰っていたらしいけど、
そのうちケージから出される事は無くなり、ご飯だけを楽しみにしてる生活をしていたそう。
お散歩なんて、何年もしたこと無かったらしい。
そして、奥さんもとうとうボランティアさんに託され、
里親募集で今の飼い主さんに出会ったそうです。

だからダックス君、始めのうちは肉球にくきゅうが柔らかくて、
お散歩から帰るたびに、肉球にくきゅうから血が出ていたそうです。

これを聞いて思わず 「可哀しょー・・・」と言いながら、
話してくれた友人と一緒に涙してしまいました (´;ω;`)

でもまだその奥さんが少しでも良心を持ってて良かった。
勝手にダックス君を捨ててしまわず、里子に出してくれて良かった C=(^◇^ ; ホッ! 
だからダックス君は新しい飼い主さんに出会えたんだもんね。

いろんな境遇の中にいるU^エ^Uたち。
みんなが笑顔でいられたらいいのにね。


ランキング参加してます。1日1度 (o・ω・o)b" ポチっとお願いします。    
にほんブログ村 犬ブログ アメリカンコッカースパニエルへ
関連記事
スポンサーサイト

コメント

アディママ

切ない。切な過ぎる・・・。でも本当に良かった。里子に出してくれて。ご飯だけを楽しみに、目が合うだけで幸せになっていたんだろうな。これから今までの分も沢山幸せになって欲しいね!!!!最低限度の愛情や、常識は持った大人で居たいな・・・。

も~~かなしい過ぎる(><。)
涙が、じんわり出てきてしまいました。
人間のエゴで、ここまで経験してしまったダックス君。
よい方に迎い入れられてよかったね。
心も体も、しっかりケアして貰ってね。

うちのエンディも5歳のときにうちにやって来ました。
激怒症候郡という病気で、一緒に飼われていたゴールデンに噛み付いて大怪我を負わせてしまったんです。
それからエンはいろんな家を転々としていました。
私たちに出会ったときは、知人の家の庭で、ぼろ雑巾のような外見をして何も無い地面につながれていました。長野の寒い冬をそこで過ごしたかと思うと可哀想で可哀想で…。
初めは家の中で大事に可愛がってもらっていたのに、、、どんなに悲しかったか……寂しかったか。
次の日、母とすぐに引き取りに行きました!!!

今では、夏はエアコンの下に、冬はヒーターの前でひっくり返って寝ています。彼は母に愛されてとっても幸せそう☆

それでも、もっと早くエンディを見つけてあげたかったと、今でも思います。。。


そのダックスちゃんも今は愛されて幸せそうですか?
きっと幸せでしょうね~~
よかった。よかった。

ダックスちゃんのの辛かった数年間を思うと、
胸が張り裂ける思いです。犬って、飼い主に対して何の
力も無いんですものね。今は幸せになってよかったけれども、
過去の心の傷は癒えているのかしら?少しでも
辛い日々を忘れて楽しく過ごせますように。

ありがと。

■アディママ@Five Drops さん
ほんと、大人として責任を持った対応をしたいよね。
そこのうちの子は、どう思ってたんだろう?
パパさんは、何を思って、思わないからか?置いていったんだろうね。許せない気持ちでいっぱいになります。

■なるなる
そう。私も昼休みだったのに思わず涙・・・(´;ω;`)
きっと、そんな境遇に育ったから余計に人懐っこい子になったのかもねと話してました。人恋しいんだよね。
体のケアはもちろん、心のケア、大切だね。
ずっと笑顔でいられたらいいね。

■pipiさん
エンディ君も、そんな事情があったんですね。
トムボビが通っていたスクールで、犬の事を勉強するんですが、その時にコッカー(特にイングリッシュ)は、先天的に噛み付く病気を持って生まれる子がいると教わり、ちょっと驚いた事がありました。
先天的なものだから、治す方法は無く、いつキレて噛み付くかはわからない。でも飼い主の愛情をもって育てて穏やかに暮らしていれば、きっかけを抑えられると、確か習いました。
エンディ君、もしかしたらそう言ったものかな???
でもpipiさんのところで見かけるエンディ君は、とても素敵でそんな風には見えない紳士だよね。
寒い冬を外で暮らしていたなんて・・・考えると切なくなります。
エンディ君は素敵な出会いがあって良かったですね。
ダックス君も、きっとそうなると信じています。

pipiさん、リンクさせて頂いても宜しいですか?
トノ君・次元君、ヨロシクですm( _ _*)m

■なみへいさん
そうですよね。
U^エ^Uは飼い主は選べないんですよね。子供と一緒です。
だからこそ、責任持って育てなくちゃいけないと思うんですよ。
よく思うのですが、U^エ^Uって本当に子供を育てるのと同じと思います。子供は成長して手が掛からなくなるけど、U^エ^Uはずーっと手が掛かる。その覚悟をして迎えるべきと思います。
心の傷癒されてると信じたいです。

ペットカウンセリング

ペットカウンセリングというものを見つけました。
問題行動といわれる、噛む、吠えるなど、それにもきっと理由があるのだと考えます。
先天的なものでも、付き合い方で変わる可能性もあるような気がしています。
できるだけ早くそれに気がついてあげて、わんちゃんも幸せになってくれると嬉しい。

そんな想いでコイケさんのところに書かせてもらいましたが、
心配されている飼い主さんの参考になればと思います。

http://www.petcounselling.jp/voice/index.html

■なるなる

ありがとう。早速覗いてみたよ。
いきなりコッカーが出ててちょっと(@_@;)&(´艸`*) (笑)
カウンセリングね。自分が出来たらもっといいのにね。
近いうちに、ブログで取り上げさせてもらっていいかな?
ぜひ、みんなに紹介したいと思います。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://shippoppo.blog43.fc2.com/tb.php/464-6c9edc4e

 | HOME | 

PROFILE

 コイケ

 コイケ

自慢の息子U^ェ^U達
A・コッカー・スパニエル
トム

* バフ 2003.12.17生
ボビィ
* チョコタン 2005.06.20生
その母 コイケ
毎日を綴ります。
★★コメント歓迎です★★
トムとボビィのHPはこちら
↓↓↓↓↓

RANKING

* ポチっとお願いします *
にほんブログ村 犬ブログ アメリカンコッカースパニエルへ blogram投票ボタン ペットの森ブログランキング

MAIL

お名前
アドレス
件名
メッセージ


LINKLIST

RSS 1.0

HTML 4.01

RSS FEED

template by mayu*

FC2Ad

(C)  コイケ All Rights Reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。